ネットリテラシー(ねっとりてらしー)とは

ネットリテラシーとは、「インターネットリテラシー(Internet-Literacy」」の略語である。インターネットの常識を持ち、ネット上で得た情報を正しく理解・取捨選択し、活用する事が出来る能力。

英単語の「literacy」とは「識字能力」を意味する言葉であり、読み書きの基本的な力を表していたものであるが、特に日本ではそこから派生して「物事を正しく認識できる能力」としての意味で使われることが多く「識字率」の意味で「リテラシー」の単語が使われる事は少ない。

海外でも「Net-Literacy」という単語自体は存在するが、上記の理由により使われ方が少し異なる。

「○○に関する正しい使用法やマナー」を表す言葉として「メディアリテラシー」や「情報リテラシー」などの言葉があり、その中の一つとして「ネットリテラシー」がある。ネットリテラシーとは文字通り「インターネット上における正しい利用法、活用能力」を表す言葉であり、インターネットの広まりに合わせて発生した言葉である。

具体的にどのような能力のことを示すのかといえば、例えば「ネットを利用して自分の欲する情報を得ることのできる能力」や「その情報が正しいものであるかを判断できる能力」、「ネット絡みのトラブルに巻き込まれないための自衛能力」などが挙げられる。

ネット利用者なら少なからず認識しているだろうが、インターネット上には危険や嘘が付き物である。嘘を嘘として楽しむような場では問題ないが、そうではないところではこういったネットリテラシーが必要不可欠である。2chなどの匿名掲示板、ブログやtwitterなどの書き込みに安易に左右される人が増えている、ネットの世界に依存している人が増えているといわれる中、自らの身を守る上でも今一度自身のネットリテラシーを見つめ返すことも大事かもしれない。



よくネットリテラシーはネットマナーと勘違いされがちですが、ネットマナーはネットの対人マナー(一昔前はよくネチケットとか言ったりしました。)、ネットリテラシーはインターネットを理解し正しく利用出来る能力という意味です。
20140617205312.gif

この記事へのコメント