ホストは自営業者と判決、月給9900円もやむ得ない

ホストは店に雇われた労働者なのか自営業者なのか?
東京都内のホストクラブに在籍した男性が最低賃金以下で働かされたと訴えた裁判の判決で、東京地裁は「ホストは独立して自分の才覚で接客し収入を上げており、店を利用した自営業者だ」と判断。
その上で、店との雇用契約を認めず、賃金支払いを求めた男性の請求を退けた。

判決によると、男性は2004~14年、新宿・歌舞伎町のホストクラブで勤務していた。
基本給は1日3千円だったが、客の指名がないと罰金と称して給与を減らされ、に28日出勤で月給が9900円の時もあった。

判決は、この店ではホストの収入と勤務時間の長さに関連は少なく、衣装を自腹で準備することなどから「店の指揮命令は受けず、接客した対価を店から受け取っているだけだ」と指摘。
男性の収入が少なかったことは「ホストの業務からすればやむを得ない」と述べた。
無題10.png
自営業者とは個人事業主など個人社長であると共に、その契約から経費管理、収入までの全てを自己管理して行わなければならないので、失業保険も無く店との契約が終わればそれまで。労働基準法で守られた会社員とは異なるが、時間拘束や業務内容の制約が無く、やった分だけ稼ぎになるという良い面もある。

この判例はホステスや風俗嬢にもあてはまりそうだ。今一度、自分の労働形態を勉強し将来を考え直す機会にして欲しい。

この記事へのコメント