リッチになるためにはお金持ちになる必要性を考えること

日本には金融資産(現金、貯金、有価証券など)5億円以上持っている人が約5万人います。
割合で言えば、およそ0.1%の人たちです。この人たちを超富裕層つまり大金持ちと呼びます。

その下が、1億円以上持っている人で富裕層、俗に言うお金持ちにあたります。

では、どうしてそんな風になれるのか?

あなたはならなくてもいいのか?

について考えていきたいと思います。

まず、自分の一生はどれぐらいでしょうか?
だいたいの人が80年と答えます。平均寿命だし、ボケてしまうからその先のことなど考えようとも思わないのです。私はもしかして医学が発達してボケずに120歳まで生きてしまった場合の事、最悪(?w)の事態を想定して物事を考えるようにしています。

ですから、あなたも120歳まで生きる前提で考えてください。

120歳までに使うお金があなたの稼がなければならない金額なのです。

人は幸せになりたいといいます。幸せとはなんでしょうか?
生きている事、健康である事、欲しいものが買える事、好きな人といれる事。
の4つになるかと思います。

生きるためには安全でなくてはなりません。
安全であるためには、たとえ賃金が高くても危険な仕事を避ける必要があります。
そのためにはある程度ゆとりのあるお金を持っていなくてはなりません。

健康でいるためには、薬を買えたり、病院に行けたり、栄養のあるものを食べなければなりません。
そして、運動しなければなりません。
そのためにはある程度ゆとりのあるお金を持っていなくてはなりません

家、車、洋服など極端に言えば値札を見ずに買えるのが、欲しいものが買えるということです。
そのためにはとてつもなくお金を持っていなくてはなりません。

好きな人や家族を持つためにはその人たちが生きていける環境をつくらなければなりません。
そのためにはとてつもなくお金を持っていなくてはなりません。

つまり、幸せな人生を送るには大金が必要なのです。
その幸せが1億円で買える事はありません。
人によって5億円や10億円だったり100億円だったりします。

ですから、あなたが幸せな人生を送るためにいくら必要なのか?
を逆算して知っておく必要があるのです。

1時間あたえますのでいくら必要だったかなるべく正確に書き込んでください。
120歳までに「             」円必要です。

そのためには好きな人と一緒に毎年いくら稼がなければならないのか正確に書き込んでください。
毎年「            」円以上稼がなければなりません。

できましたか?

リッチになるためにはお金持ちになる必要性を考えること

が、あなたはできました。
y3uziw_1.jpg
お金持ちになる必要性を考えたら実践する方法を考えよう

この記事へのコメント