本田 太一(ほんだ たいち)とは

Taichi Honda
生年月日 1998年8月2日
日本のフィギュアスケート選手(男子シングル)。
京都府京都市出身。
本田太一
身長: 167 cm 
コーチ: 濱田美栄
田村岳斗
元コーチ: 岡本治子
     新野陽子
振付師: ジェイミー・アイズレー
    トム・ディクソン
所属クラブ: 関西大学中・高スケート部(京都醍醐FSC)

5人兄弟の2番目で、姉と3人の妹がいる。次女の本田真凜、三女の本田望結、四女の本田紗来はともにフィギュアスケートを習っており、本田望結は女優業もこなしている。

アクセルを除く5種類の3回転ジャンプを跳ぶことができる。本田を指導する田村岳斗コーチは「太一のジャンプは頂点に上がるまでにスピードがあって見応えがある」と評している。

5歳のときに京都醍醐のスケートリンクに家族と遊びに行ったことがきっかけで、妹の真凜とスケートを習い始めた[3]。最初はホッケーから始めたが、濱田美栄コーチに師事することになった際に、後から始めたフィギュアスケートに専念することを決めた。

2012-13シーズン、日本スケート連盟の強化指定を受ける。2012年アジアフィギュア杯のジュニアクラスで2位入賞。ISUジュニアグランプリシリーズに初参戦しJGPレークプラシッドで7位、続くJGPボスポラスで10位となる。全日本ジュニア選手権で6位となり、初出場となった全日本選手権で14位となる。2013年トリグラフ杯のジュニアクラスで2位に入る。

2013-14シーズン、JGPミンスクで10位となる。全日本ジュニア選手権では4位に入り、2年連続の出場となった全日本選手権では15位となる。2014年プランタン杯のジュニアクラスでは3位に入る。

2014-15シーズン、2014年アジアフィギュア杯で3位に入る。JGPチェコスケートでは12位に終わる。2015-16シーズン、JGPオーストリア杯で17位となり、全日本ジュニア選手権では10位となる。
 


この記事へのコメント