【リスク・デメリット】貸し株(かしかぶ)とは

証券会社などに保有証券の現物などを貸して、金利を受け取ること。
「貸株」と書いてもどちらでも良い。

通常の株券は投資者保護基金というのに入っていて、証券会社が潰れてしまっても全てを返すような仕組みになっています。

しかし、証券口座を開設すると「貸株」という取引があります。
あなたが買って持っている現物株を証券会社に無担保で貸すかわりに、高金利を受け取れます。
配当や優待の権利日に貸していると、権利は借り手側に移ってしまうので受け取れません。
権利日だけ貸し株をはずすという条件で預けることもできます。
もう一度よく各証券会社の貸し株規約説明を読んでみてください。借りた株は必ず返すとは書いてませんから。

証券会社はなぜ高い金利を払って株を借りたいかというと、まず空売りに使ってしまえるという事と、返済を保全していない場合がほとんどなので、いざ経営難に陥ったとしても返さなくていいという約束で借りられるからです。要するに借りた株券を売れば、割り当て増資を行わなくても運転資金を調達できるという事が考えられます。何かおいしい思いをできる目的があって高金利を払っているというわけです。

貸し株のリスク
山一證券やリーマンブラザーズ証券のように会社というのは、いつ突然破綻してしまうかは誰にもわかりません。リーマンブラザーズ破綻の時の貸し株は引受会社に移管されたので助かったのかもしれません。

投資先が潰れてもリスク、預け先証券に夜逃げされてもリスクなわけですから、よほどの上級者でないと心配の種が増えて「株など怖くて持っていられないから、売ってしまおう」なんて狼狽してしまいたくなるかもしれません。

高い金利の銘柄ほど証券会社が「暴落する株を借りて空売りして儲けたい」と思われがちですが、証券会社の経営が危ういので高金利で返さなくても良い株を借りたがっているのかもしれません。もしも、悪徳業者であれば計画倒産してしまうかもしれません。
貸株.png
この図では貸出先が機関投資家となっていますが、運用に失敗してしまったらどこからあなたに返す株が沸き出てくるのでしょうか?貸出先が闇金に追い回されて困っている人だったらどうでしょうか?
株やっているから貸し株リスクなんか取ってかまわないと思っているならそれでいいでしょうが、銀行に比べれば暴利とも呼べるような金利が付くのにはそれなりの理由があるということですね。

大きな金利を受け取るためには貸し株を数十年し続けることになるでしょうから、貸し先証券会社が潰れるその日までやめられず逃げ遅れる事になるでしょう。

この記事へのコメント