肺腺癌(はいせんがん)とは

肺癌の60%は肺腺癌である。
0.jpg
はいがんのうち
男性40%
女性70%
がはいせんがんである。



非小細胞肺がんの一種で、喫煙との因果関係が薄いという特徴があります。
喫煙が発症の直接的な原因ではないと考えられ、発生頻度も喫煙率の低い女性の方が高く、非喫煙者の方にも多く発症するという特徴があります。
また、肺の末梢(気管支の細い部分)に発症するケースが大変多く、末梢型肺がん又は肺野型肺がんとなることがほとんどです。
そのため、中心の太い気管支に近い肺門部に発生することは稀で、通常のX線検査で発見しやすい傾向にあります。



肺腺がんは、肺の末梢部分に発生する肺野型がんとしてあらわれることが多く、初期段階ではなかなか自覚症状を感じることが出来ません。
早期の肺腺がんの場合は、咳や胸の痛みなどもほとんどないため、定期的ながん検診や健康診断などで偶然見つかるケースが多いです。
但し、腺がんが進行してくると、様々な症状がみられるようになってきます。
がんの進行に伴って、肺がんに共通してみられる長期間の空咳、痰(血痰)、喘鳴(ぜいめい)、胸の痛みなどがみられる他、末梢部分でがんが大きくなるため、胸膜に影響を及ぼし、胸水が溜まるといったケースも多く見られます。
また、進行が進むとリンパ節への転移や遠隔転移が起きやすいため、身体全体に酷い倦怠感や激痛を感じることもあります。
さらに、神経が侵されることによって、腕や胸に、肩などに痛みやしびれを感じたり、顔面や上肢に浮腫(むくみ)が起こることも珍しくありません。
肺腺がんは、他の種類の肺がん同様、初期症状が出づらく初期段階で見つけにくいという性質があります。
さらに、喫煙の習慣がない方でも発症する可能性が高いがんの一種ですので、万が一に備えて、定期的にがん検診を受け、早期発見・早期治療ができる体制を整えておくことをおすすめします。



手術療法
がんの進行があまり進んでおらず、手術にてがんを取り除くことができると診断された場合には、手術療法を行います。
がんの拡がりや進行具合によって、肺の一部を取り除く場合もあれば、片側の肺全体を取り除くこともあります。また、術後はがんの再発防止目的のために化学療法や放射線療法を行うことがあります。

放射線療法
X線やその他の放射線を用いてがん細胞を死滅させたり、また、がん細胞の成長を阻止させたりする治療です。
放射線療法には、「対外照射」と「体内照射」の2つの方法があり、対外照射は機械を使って体外からがんに照射を行なう方法で、体内照射は、針やワイヤ、カテーテルなどを通してがんの内部もしくはその周りに放射線を照射する方法になります。

化学療法
抗がん剤を用いてがん細胞を死滅させる、もしくは、がん細胞の増殖を抑える治療方法となります。

レーザー光線療法
レーザー光線を用いてがん細胞を死滅させるがん治療です。

光線力学的治療(PDT)
レーザー光線を用いた治療法になりますが、あらかじめがん細胞に集まりやすく、またレーザー光線に反応しやすい特性を持つ薬剤を静脈より注射した上で、レーザー光線を照射する治療法です。

標的療法
標的療法は、がん細胞のみにターゲットを絞った分子標的薬を用いた治療法です。非小細胞肺がんの治療で用いられる分子標的薬は、モノクローナル抗体とチロシンキナーゼ阻害剤の2種類が用いられています。

電気焼灼術
電流で熱した針、もしくはプローブを用いてがん細胞を死滅させる治療方法です。

凍結療法
凍結療法とは、がん細胞を凍らせて死滅させる治療方法です。一般に、外科手術や化学療法、放射線療法を受けることができない患者さんを対象に行われています。


この記事へのコメント