市川海老蔵の妻小林麻央が進行性乳がんで闘病、癌細胞の成長を阻止する薬を発見

2016年6月9日に、歌舞伎俳優の市川海老蔵さんの妻でフリーアナウンサーの小林麻央さんが進行性乳がんを患っていることを公表した。小林さんの乳癌は進行性で、ステージについては深刻で手術に向けて抗がん剤治療中。

乳がんは特に女性に多くみられ、年齢別では30歳代からに多くなっていき、40歳代でピークとなり、年齢が進むにつれ、他のがんのほうが多くなっていきます。ただし、死亡率でみるとがん全体の第5位です。早期であれば、5年後生存率は90%以上ですが、ステージが深刻になってくると50%以下まで低下する。

2015年に開催された第74回日本癌学会学術総会において、p53誘導体の有用性が発表された。

癌学会でも発表された注目の成分p53誘導体を配合
された、p53誘導体認証の唯一の製品・全分子フコイダンエキス
が市販でも購入できるようになった



グルコースを基盤とした独自成分で、増殖を繰り返すがん細胞の成長を阻止する、癌細胞増殖抑制作用が期待される重要な成分です。マウスによる臨床試験では、p53誘導体DBグルコースを与えた一群において
W14固形がんの成長を100%阻害するという驚くべき結果が得られました。

乳がんの症状は、乳房の硬いしこり、皮膚のひきつれ、血性の乳頭分泌液などで、痛みはあまりありません。乳がんが見つかるきっかけはざまざま、「セルフチェックで気がついた」「がん検診や人間ドックで指摘された」などが多くなっています。


この記事へのコメント