チケット転売ビジネスのリスク、個人売買トラブルのデメリット、追加公演で入場券が売れなくなる落とし穴

人気のあるコンサートやライブチケットは定価1万円のチケットが2万、時には10万円以上の値が付くときがある。この利ざやを狙うのがチケット転売ビジネスだ。

チケットは営利目的での転売を禁じられている。俗に言う「ダフ行為」にあたる。警察のおとりが入るだけつかまるリスクがある商売だということになります。

「友人が行けなくなった」などの言い訳をつけて譲渡するのが、一般的である。

個人差もあるが数千円から数千万円の利益をあげている人もいる。

ヤフオクなどは個人間でのトラブルなどデメリットも多いためviagogoなどの売買専門サイトが使われる。



他にも、チケット転売人気サイトには以下のようなもの頻繁に利用されている。
1位 チケットキャンプ



2位 チケット流通センター



3位 チケットストリート




嵐のチケットが10万円で売れたからといって、ファンクラブに入って次のコンサートチケットを抽選で大量に当たったとします。しかし、10万円で売れたのは良い席だったからなのか?希少だったからなのか?といった分析をできていないと、とんでもない落とし穴にはまってしまう危険があるのです。
チケットが高騰すると言うことは、その逆に全く売れなくなる可能性をはらんでいるということになります。

例えば、見たい人が1千人しかいないのに、チケットが1万枚あったとすれば9千枚は誰も買わないので売れません。
1万人は見る人がいるはずだと思っていたコンサートでも、完売は前公演までで閑古鳥だったり、追加公演をされれば1万枚のチケットがあまることになります。あまったチケットを大量に引き取るのは、転売ビジネスをやっているあなたということになってしまうわけです。

一見手軽に儲けているようでも、このような点には注意することが必要なのです。
BABYMETAL WORLD TOUR 2016 TOUR FINAL ‘TOKYO DOME’ 追加公演決定DEATH!!

【座席表予想図】全国のライブハウスコンサート会場 一覧リスト【保存版】

近日公演予定のビッグライブコンサートイベント情報

この記事へのコメント