宝くじは人にすすめても自分で買うな!

宝くじ(たからくじ)とは、日本において当せん金付証票法に基づき発行される富くじである。

正式名称は「当せん金付証票」。なお、賞金付きの籤を購入する賭博一般を指す普通名詞は「宝くじ」ではなく「富くじ」が正式。「当せん金」「抽せん会」などの「せん」の字は、漢字では「籤」(せん、くじ)と書く。「籤」が当用漢字に入れられなかったため、法令では「当せん」と書かれる。「当選」という表記は新聞協会が定めた「同音の漢字による書きかえ」であり、国語審議会の「同音の漢字による書きかえ」には掲載されていない。

日本では古くは江戸時代などにおいて神社や寺の修復費用を集めるなどの目的で富籤(とみくじ)が発行されていた。また、日中戦争の戦費調達のために制定された臨時資金調整法に基づき「福券」や「勝札」が発行されたこともある。宝くじは1948年に当せん金付証票法(昭和23年法律第144号)に基づき浮動購買力を吸収し、もって地方財政資金の調達に資することを目的とする為に運営されている。

宝くじの内訳は当せん金45.7%、経費14.2%、自治体の収益金40.1%である。

1万円買うと4千5百円しか戻ってこないのである。

これは当選番号を全て正確に照合した場合の数値であって、実際の換金率はもっと低い。

更に当せん金を親族などに年間110万円以上あげた場合は贈与税が課税される。
遺産として相続される場合にも同様に相続税がかかる。

買い手にとってはいかに効率の悪いギャンブルであるかがわかると思う。

しかし、宝くじの購入を他人にすすめることにはメリットがあった!

その人が1万円分購入すると4千円は地方自治体の収益金となるのです。

更に6億円も当たったりすれば、おごってもらったりする場面もでてくるかもしれません。



ゆえに、宝くじは人にすすめても自分では買わないというのが賢い方法といえるでしょう。



日本一の「西銀座チャンスセンター」購入代行



この記事へのコメント