人は一生独身でも幸せになれるのか?を検証

人は一生独身でも幸せになれる!22年間の大規模調査で明らかにします。

結婚が人生のゴールだと思っていませんか?

しかし、シングル(独身)でも人生を謳歌している人はたくさんいます。
最新の研究によって、シングルの人のなかには 「自分で自分を幸せにできる」人がいることも実証されました。

誰かとともに生きるためは、自分という存在を相手から認めてもらう必要があります。
だから、ときにぶつかり合い、喧嘩もすることになるでしょう。
そのようないさかいを恐れてしまう人々は、自分ひとりでいられる時間こそが「幸せ」だと感じているのです。

当たり前だと思われてきた子供の世話や、ご近所付き合いなどの出費負担もほとんどありません。

パーソナリティや社会心理学の新しい研究によれば、 シングルも、カップルもともに同じような満足度を得ているそうです。

今回は、シングルとカップルの幸福感についてまとめました。

■心理学者が「シングル=不幸せではない」と主張

ニュージーランドのオークランド大学で心理学を専攻している博士候補、 主任研究員でもあるユシカ・ギルメ氏によれば、 人によってはシングルでもカップルでも幸福度は同じだそうです。

シングルの人はカップルにくらべて幸せがつかみにくいと思われがちですが、 それはすべての人に当てはまる事実ではありません。
パートナーがいなくても充実した人生を送ることがわかってきたのです。

■調査でシングルでも幸せになれることが明らかに

今回、4,000人以上のニュージーランドの住民を対象にした、 22年間におよぶ大規模な追跡調査が行われました。

この研究では、意見の不一致や衝突を避けるタイプの人を「回避型」、逆に親密さを強化してパートナーとともに成長することで関係を維持しようとするタイプを「接近型」としています。

「合わない人」との意見の不一致や衝突を避けるような「回避型」の人は、シングルであってもカップルであっても幸せだという事実が明らかになりました。

以前の研究では、シングルの人はカップルよりも 満足度の低い生活になりがちだったり、 身体的・精神的な健康が保てないと考えられてきました。
しかしタイプによっては、シングルでも充分幸せになれることがわかったのです。

ちなみに「接近型」の人は、シングルでいるよりカップルでいた方が幸せと感じるようです。

タイプによって幸せの感じ方が異なるということですね。

あなたはどっちのタイプでしたか?



この記事へのコメント