YOUTUBERが旅行宿泊費を撮影費用として経費に計上できるのか? ユーチューバーせどりアフィリエイト副業に役立つ情報

最近流行のユーチューバー、個人事業主として一定以上の収入がある場合は、確定申告が必要です。

ユーチューブとは、個人が動画を撮りそれをネット上に流して広告収入を得るという、新しいネットビジネスとして人気が出てきました。ヒカキンなどのように有名になってくると、1億円も稼いだりする人もいるようです。

ユーチューブをテレビ局のように仕事としてやっている人も多いわけでして、気になるのが節税対策です。

例えばアメリカに旅行に行って、自由の女神を撮影してYOUTUBEにアップロードして収益化した場合、旅費や宿泊代まで約100万円を経費として認められるかという話になります。

コートやジャケット、スカート等の洋服類 、バックや時計等の装飾品、スーツケースやタンス、ミシン等の洋服関連品、登山靴、スキーウエア、カーキャリア等屋外撮影のための用具購入、SDカードやデジタルカメラ、webカメラなどの写真撮影機材、健康食品、ダイエット用品、化粧品等の容姿をよく見せるための費用など、あげたらなんでも経費に出来てしまいそうです。

では、どんなルールで経費として「認められる」「認められない」となるのでしょう?

経費を争った判例から探っていきますと、
『必要経費とは、業務の遂行上生じた費用、すなわち業務と関連のある費用をいうが、ある費用が必要経費に当たるといえるためには、単に業務と関連があるというだけでなく、客観的にみてその費用が業務と直接の関係を有し、かつ、業務の遂行上必要なものに限られ、また、業務の遂行上必要なものというためには、その者の主観的な判断のみによるべきではなく、通常必要なものとして客観的に認識できるものでなければならないと解すのが相当である。』

客観的にみてというアバウトな判決がでました。おそらく自由の女神をユーチューブにアップロードしたところで、収入は10円とかでしょう。それに経費100万円使ったといっても客観的には認められませんね。

では、客観的に見て認められるにはどうしたら良いでしょう?

1.業務との直接の関連性を裏付ける証拠を残す。(いつ、どこで、何故それが必要だったのか、金額等)
2.一貫性のある説明が出来る用意をする。(そこにウソがなければ何も気にする必要はありません。)
3.その支出が日常的に使用できるものである場合には、事業割合を考慮する。
4.記帳、記録は日頃からの記帳、記録でなければ、資料の証拠能力は認められない。

本当に仕事であるという事実を証明できれば、認められる事もあるかもしれない程度です。

逆にこれがアダとなって、通常見逃されるパソコン代や通信費名目の20万円相当までケチを付けられるかもしれません。

税務署員がネットビジネスを全く知らないじじいということもありえます。

どちらかというと、ユーチューバーという職業はこれから税務署員の理解を深めていく業種になりますので、本当に経費がかかったものに関しては1%でも事業割合として申告し、戦っていく先駆けが必要なのかもしれません。

実際、経費がかからないということも無いわけですからね。

個人事業主から法人化を考えている人向けの本
起業するなら、個人事業主と法人化では、どっちがお得?

この記事へのコメント