眼球破裂(がんきゅうはれつ)とは

 眼球破裂は、眼球に強い鈍的(どんてき)あるいは鋭的(えいてき)外力が働き衝撃を受けて、角膜(かくまく)や強膜(きょうまく)が破裂した状態のことをいいます。
無題11.png
 交通事故、災害、喧嘩、スポーツなどの外傷時に強い外力が眼球に加わった際に生じます。本人は何が起こったのか把握できない場合もありますので、周囲の人が眼に異常がないか確認してあげることが大切です。2016年9月に東京ドームで行われた福山雅治BROS.25周年記念イベントで、コンサートスタッフの女性がテープや紙吹雪を爆音と共に発射されステージ演出の定番となっているキャノン砲で、発射されたテープが目を直撃して眼球が破裂して入院している。

 受傷直後から生じる視力の低下、充血、浮腫、眼痛、違和感などの症状があらわれ、各種器官が露出した状態になるので、非常に危険です。孔(あな)があいた眼ではない反対の眼にも同様の症状が出ることもあるため、緊急受診が必要です。

 問診により受傷した際の状況や原因を詳しく説明してもらいます。視力・眼圧・細隙灯(さいげきとう)顕微鏡検査(隅角検査を含む)、超音波検査、CT検査などで眼球破裂の場所、異物の有無、合併症の有無を精密検査し、治療方法を決定します。

 穿孔創(せんこうそう)が小さいようなら治療用コンタクトレンズを使用します。穿孔創が大きい場合は抗生物質の点滴などを行いながら、局所麻酔、あるいは全身麻酔下で強膜、角膜縫合術を場合が多いです。
 外傷の程度、手術の難しさ、感染の有無、視機能の有無などにより白内障(はくないしょう)手術、硝子体(しょうしたい)手術などを同時に行う場合と、時期をずらして行う場合があります。眼球破裂は緊急手術の対象であり、まずは眼球内容が脱出した状態を早急に修復しなければなりません。

 眼を守る予防策としては、メガネやゴーグルを装着するなどがあります。


世にも恐ろしい恐怖の目玉ピックの実態とは?!


DVD>老眼を自分で治す!眼球トレーニング [ 日比野佐和子 ]

【セルフチェック自己診断】眼の10症状


この記事へのコメント