少額投資非課税制度2017年からは現行ニーサと積立NISA、どっちがお得?

 株式投資は利益の約20%が税金で徴収されるが、NISAの範囲内であれば非課税となるので必ず使ったほうがお得だ。2017年のNISAには3種類の非課税枠が予定されている。

・成人は毎年120万円を5年間(5つ)分を非課税としている
・じゅにあにーさは未成年が毎年80万円を5年間分を非課税としている
or
・積立NISAは毎年40万円を20年間分を非課税としてもよくなる予定




 政府・与党は、2017年度税制改正で創設を検討している積み立て型の少額投資非課税制度NISAについて、投資上限を年40万円とし、配当などの非課税期間を20年とする方向で最終調整に入った。

 NISAは、株式や投資信託の購入で年120万円を上限に売却益や配当益を5年間非課税とする制度。預貯金に偏っている個人資産が投資に向かうよう促すのが狙いだ。ただ、利用者の半数以上が60代以上で、若年層の利用が進んでいないことが課題となっている。

 このため金融庁は、手元資金が少なくても若年層が投資できるよう、現行よりも少額で長期にわたり非課税となる積み立て型NISAの創設を要望していた。

 新設される積み立て型NISAは、現行NISAとの併用はできず、投資対象を長期の積み立てに適した金融商品に限定する方針。金融庁は積み立て型NISAを恒久的な制度にすることを求めていたが、税収減を懸念する財務省は認めない方針で、実施期間を20年程度とする方向で調整している。
 
  額面上の比較では現行5年x120万円=満額600万円(Jr.5年x80万円=満額400万円)が、20年x40万円=満額800万円になるので一見お得なように見えるが、色々な落とし穴があるので注意したい。

  まず、累計投資額600万円に達するのに5年だったところが15年かかってしまう。累計金額を単純計算をすると、現行15年で7800万円に対し、積立は4800万円と15年間で3000万円非課税される額が少ないというスタートラインがある。この差を埋めるのにさらに17年かかるとすれば、32年以上投資をするのであれば積立NISAがお得という計算にはなるのでしょう。

  しかし、株取引というのは単純ではなく、生活費に困って売らざるをえなくなったり、誤って発注して売却してしまったり、投資先の会社が潰れてしまったり、TOBされてしまったりと一筋縄ではいかない。

  30年も株投資を続けられるのも、よっぽどの株好きか勝っていなければ続ける気にもなりずらいので途中で挫折してしまう事のほうが多そうです。

  結論をまとめると『40歳以下で一生株をやる予定が無ければ、現行の5年NISAにしておくほうが良いでしょう。』とまとめておきます。
img_2.jpg
投資マネーの記事一覧
億トレーダーB.N.F小手川隆の株投資手法をテクニカル徹底分析
億トレーダー神王リョウ山本亮の株投資手法をテクニカル徹底分析



★ 株やFXで、「2億円」儲けたい方へ!

あなたが、「26歳で、株で20億円儲けた男」の、"投資の秘密"を見れる、最後のチャンス!

あなたも、90日で、投資で儲ける天才になれる! 「ir投資スクール」


この記事へのコメント