億トレーダー五味大輔の株投資手法をテクニカル徹底分析

日本の個人投資家の中で、有名度ナンバー1、2を争う人が五味大輔氏です。なぜ有名かというと、着実に株式投資で資産を増やしているからです。それも信じられない規模ですが、大量保有報告書に長野県松本市の五味大輔として次々と登場しているので、その人物について探っていきたいと思います。

四季報に載っている(有価証券報告書に載っている)株式の推定保有額ですが、2013年時点で、35億円。大株主だけが四季報に掲載されますので、それ以外にも保有はしているのでもっと株式をもっていると思われます。

投資をはじめた時期は2000年以前の学生時代にバイトで貯めた100万円を元手に、2013年から爆発的に資産を増やし、2015年には229億円となっているようです。BNF氏、神王リョウ氏、cis氏など有名投資家の共通点は200万円程度のバイト種銭からはじめていることですね。

有名億トレーダーと違うのは、てっきり専業投資家だと思い込んでいたのですが、ヴェリタスを読むと兼業投資家のようです。面白いことも書いてあります。最初はデイトレードなどに取り組み、光通信の20連続ストップ安で損失も被ったと書かれています。

最初から成功していたわけではなく、「集中投資」「業績分析」「長期保有」をカギとする投資手法に変化し、資産を増やしているとのこと。こういった投資家でも失敗しているということは、初心者にとっても励みになります。

ミクシー、アドウェイズ、ガンホー、そーせいといった銘柄で資産を増やしています。凄いと思ったところが、ゲーム株だけではなく、そーせいの大化けのタイミングで投資していること。

しかもそーせいが、10年~20年後に小野薬品を超える存在になっているかに注目しているようです。

そーせいの時価総額(2016年7月22日時点)が、約2,700億円。

小野薬品の時価総額(2016年7月22日時点)が、約2兆3,400億円。

時価総額で、ざっくり9倍~10倍の差がありますね。小野薬品の株価水準がバブルじゃないとすると、10年以上かかるかもしれないが、まだ9倍~10倍程度に化ける可能性があるという確信しているのでしょう。

スケールもでかいし、金額もでかい。

ちなみに五味氏は、2015年9月末時点でも25万株で発行済株式数の1.5%保有していました。当時の時価総額で、40億円近くの金額と桁違いです。

これが、2016年3月末時点になると47万株(発行済み株式の2.7%)の保有と買い増ししていることが判明。16,000円の株価とすると、75億円以上保有していることになります。

前CEOの創業者、田村氏より保有しています。規模が大きすぎて信じられないですが、これが集中投資のなせる業なんでしょう。

229億円から推測するに、75億円以上保有しているそーせいに集中投資しているかも分かります。カジノでいうと、倍プッシュを続けているような感じでしょうか。

2016年9月末時点のソーセイ大株主名簿では、五味大輔氏が75万株(4.43%)と現在も着々とSOSEI株を買い増している様子が伺えます。




2016年3月末ベースの四季報情報より、五味氏の大株主銘柄拾ってみました。(転記誤り等あるかもしれないので有報でご確認ください。)

2120 ネクスト 1,800,000株
2121 ミクシィ 1,350,000株
2410 キャリアデザインセンター 240,000株
3665 エニグモ 1,000,000株
3723 日本ファルコム 480,000株
3858 ユビキタス 110,000株
4565 そーせいグループ 470,000株
6075 フォトクリエイト 60,000株
6769 ザインエレクトロニクス 150,000株
6972 エルナー 1,500,000株
7774 ジャパン・ティッシュ 420,000株
7829 サマンサタバサ 1,430,000株
8940 インテリックス 100,000株

こうしてみると、現在時点であがっている銘柄が多いわけではないことがわかります。恐らく各銘柄には大化けする要素があると思い、長い時間軸の中で購入されているのでしょう。日本ライフライン(7575)も急騰前は、大株主として五味氏が掲載されていました。

ミクシィも保有株数を減らしつつもまだ保有しているのが、長期投資家のなせる業ですね。2016年3月末時点の情報なので、もしかしたら既に売却済みかもしれませんが、時間軸は相当長そうなことがうかがえます。

「相場は時にルールが変わって1ゴール10点になる。その時、残していた余力で買う。」

仮に、そーせいがここから10倍になり、時価総額が2兆円を超えるなら、五味氏の資産も1,000億円近くになりますね。中長期投資家の手本です。

ゲーム株、バイオ株等、長期で大化けするかという点に集中しているので、普通の投資家の目線とは違います。10倍株は、意識的にとらえようとしないとなかなか捕まえられません。途中でどうしても利益確定したくなり、売ってしまうからです。会社がどこまで伸びるかの根拠をもとに分析できている人だけが、10倍株の恩恵を受け取れます。

五味氏の投資手法をかんたんに分析してまとめてみると

・サラリーマンとの兼業トレーダー
・年単位や十年単位で個別銘柄をみる長期投資スタイル
・個別銘柄集中投資型
・ファンダメンタル重視の10バーガー狙い

株投資テクニカルというよりは、4565そーせいグループ株式会社を2035年頃まで鬼ホールドといったところでしょうか

また、最新情報が入りましたらこのページでお伝えしていこうと思います。あくまでもネットで拾った情報などを基に作成していますので、株投資は自己責任の元で行ってください。

投資マネーの記事一覧

億トレーダーB.N.F小手川隆の株投資手法をテクニカル徹底分析

億トレーダー神王リョウ山本亮の株投資手法をテクニカル徹底分析

「26歳で、株資産20億円を作った男!」の投資スクール


億万長者をめざすバフェットの銘柄選択術 [ メアリー・バフェット ]

バフェットとソロス勝利の投資学 [ マーク・ティアー ]

現行ニーサと積立NISA、どっちがお得?

この記事へのコメント