今後どうなるJIG-SAWの貸し株バブル

ネット上のビッグデータを元にジグソーの貸し株金利の推移を調べてみました。(正確性を保障するものではありません)


2015.10.19 18%
2016.6.4  16%
2016.11  18%
2017.1.11 SBI 18%
2017.5.25 SBI 13%
2018.1.25 カブドット 8%
2018.2.12 楽天  13%
2018.2.12 SBI 12% 

ジグソーのチャート
bandicam 2018-02-12 20-54-05-448.jpg
最近では、ビットコインキャッシュでNEMが出金出来ないなど騒然としておりますが、貸し株も同様で元本が保全されているものではありませんので、証券会社が倒産などすれば返株されないなどのリスクが伴います。

SBI証券(2018年2月現在)では、ジグソーの貸し株金利は1位となっております。しかし、それだけの金利を払ってでも売りたい人がいるということなのかもしれません。5000億円は通過点発言やIot市場からシェア1%の20兆円を狙っているなどの大風呂敷とも見受けられる言動で、過剰に買われていると売り方は見ているのかもしれません。案の定、今期決算では売上が10億代前半とまりと成長に疑問符が付いた事も、暴落を招いた原因なのかもしれません。

<投資は自己責任で行ってください>
貸し株のリスク・デメリット

JIG-SAWの怪文書レポート


この記事へのコメント