ジェイコム誤発注事件は本当に間違えだったのか?真実に迫る

2005年12月に起こった「みずほ証券によるジェイコム株誤発注事件」

IPOで新規上場初日にみずほ証券は「1株を61万円で売り」と注文するはずだったのを誤って、

「61万株を1円で売り」と注文してしまった。

それをあざとく見つけたBNFなどの投資家らは、小手川隆さんの20億円を筆頭に大儲けできた。

というのは、結果論であり

現在のIPO相場をみればわかるようにIPOに当たれば、ほぼ勝利が確定

ヒーローズなどは初値が10倍もついたほどだ。

61万株も空売れたら大儲けと考える投資家も少なくないだろう・・・?!

「ノーカンだ株を返してくれ!」というような内容をみずほは発表したが、

待て待て、これはとんでもないダブルスタンダードになってはいないか?

あのままジェイコム株が下がっていたら、みずほ証券は莫大な利益を得ていたではないか!

むしろ個人がノドから手が出るほど欲しがるIPO株を大量に売れたのに

損益が出たらやり直して欲しい、なんてことが良く言えたものだ。

これほどの反則行為は無いはずだ。これはワザとだ!

と、筆者は考えた。あくまでも憶測の話なので真実ではないことも付け加えておく。






まじめに株を返した方もいらっしゃったのでしょうか?

誤発注といって未だにIPO空売りのようなことをしているのでしょうか?

株取引は強きを助け、弱きをくじく世界だと実感した一面でした。

また、みずほ証券は2018年6月にネット上で顧客が売買できないシステムトラブルが起きていると発表した。

本来約定したはずの注文は約定したこととして扱うようだ。

BNFの投資手法分析


この記事へのコメント