win10でwi-fiの接続が途切れる原因を1発解決!

Windows10に変えてからWi-MAXなどのワイファイが切断されてしまうとか、プツプツ途中でインターネット接続が悪くなったような感じがする。
今までのwin7では問題なく使えたのにどうして?という方必見です。
bandicam 2018-08-27 14-27-29-369.jpg
ネット上にはドライバを再インストールしたほうが良いだとか色々な方法が書かれていますが、ほとんどどれもハズレでリセット方法が書かれているだけです。

ずばり原因は、wi-fiからの電波不足なのです。




win10に変わって「高機能にネットワーク通信する代わりに、電波を絶え間なくたくさん送ってくださいね」ということになっているようなのです。

・win10に変えてパソコンを置く位置がワイファイ親機から若干遠くなったりしていませんか?
・複数台PCでワイファイの電波をうばいあっていませんか?
・向きが変わったり、USB子機が裏面になって電波をさえぎったりしませんでしたか?

きっと深夜に一人で使っている時は、夕方よりもサクサクネットサーフィンできたはずです。

有線LANでは不具合がなく、無線LANでだけ起こっている事を考えれば答えは簡単だったんですね。

低速インターネットを使った事がある人なら、似たような現象であることをおわかりいただけるでしょう。

デジタルがこれだけ発達したにも関わらず、原因はそんなアナログな事だったようです。

ゆえに子機には、こんな不格好なアンテナが付けなければならなかったわけです。

私のwindows10もSPY TREEに変えて、ルーターを近づけてからサーバーに接続できませんという不具合は激減しました。

Win10対応 USB無線LAN Wi-Fi子機&親機兼用 SPY TREEがこちら


USB2.0 アンテナ無線LAN子機の詳しい仕様は写真をクリックするとご覧になれます
1台2役:親機・子機どちらとしても使える。
パソコン、スマホ、ゲーム機などWPS対応機器なら
簡単に高速300Mbps(理論値)の快適なインターネットへアクセスが
可能な無線LAN USBアダプタです。


この記事へのコメント