パソコンが故障かな?と思ったらチョット待って!買い替えるのはまだ早い。

パソコンを2~5年使っていると、ほとんどの場合ある日突然来るアノ現象
BSOD.png
画面がブルースクリーンに切り替わりフリーズしたり再起動してしまう。

当方も1週間も悩んだり調べたりのパニック状態

結果、原因がわかりましたよ。8割がたハードディスク(HDD)の寿命です。

ですから、パソコンを買い替える必要は無いわけなんです。

今やネットで調べればHDDの交換方法はたくさん出ていて、ドライバー1本あれば交換可能です。

HDDがまだ微妙に生きている間に行ってください。

おそらくみなさんはパソコンを一生使い続けることになるので、この作業をめんどくさがっては損します。

1度やって慣れれば、30分ほどで交換できるようになります。

HDDを買う時の注意点は2つ

・コネクタの金色のピン数が7+15の22ピンのSATAと呼ばれるタイプが今の主流です。

・ノートであれば2.5インチ、ディスクトップであれば3.5インチ、2.5インチなら両方に収まりますが遅いという認識で良いでしょう。


どうせまた壊れるので新品のほうが良さそうです。

この際だから2つ買ってしまいましょう。

そして、壊れたHDD①を使いmicorosoftのサイトからwin7 IOSのディスクイメージDLなどの検索で出てくるサイトの手順で、
https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows7
新しいHDD②にSATA - USB 変換 ケーブル を使ってリカバリディスクを作ります。


新しいHDD2個目③と①を交換してパソコンにセットします。

②から③に先ほど作成したイメージディスクからリカバリをインストールすれば完了です。

①はSATA - USB 変換 ケーブルを使って、フォーマットして外付けHDDとして止まるまで再活用できるでしょう。

また壊れたら、②から3個目の新しいハードディスク④に移すという形にしていけば、パソコンを買い替える必要は当分なくなるでしょう。

あくまでも技術的に可能かは、信頼できるネットサイトで良く調べてから、うまくいかなくても捨てれば良いという金額内の自己責任で行ってください。




④を買わないようにするには、

①から③にバックアップファイルを一時避難させ

①にディスクイメージ作成をダウンロードして

②をフォーマットしてパソコンにセットしOSインストール

バックアップファイルを③から②→①と移動するか、③を外付けにしてもいいでしょう

上記でなんとなく上手くいかないときは、ヤフオクに1000円ぐらいでOSプロダクトキー出品もあったります。

またwin10アップグレードが無償でできるようになってるようですね。


この記事へのコメント