DNAとRNA(でぃーえぬえー と あーるえぬえー)とは

核酸ともいう。DNA(デオキシリボ核酸)とは、リン酸、5炭糖(デオキシリボース)、塩基が結合したヌクレオチドという基本単位が連なった長い鎖状の物質。さらに、この長鎖2本が“らせん状”に結合。塩基にはアデニン(A)、グアニン(G)、チミン(T)、シトシン(C)の4種類があり、この塩基の配列の違いにより遺伝情報が異なってくる。なお、細胞の中に含まれている全DNAをゲノムといいます。

RNA(リボ核酸)とは、DNAに類似の物質です。しかし、DNAではヌクレオチドが2本鎖で繋がっていますが、RNAでは一本鎖であり、構成要素の糖もデオキシリボースではなくリボースです。またDNAの場合の塩基のチミン(T)がRNAではウラシル(U)に替っています。 また、DNAは細胞の核の中にありますが、RNAの多くはタンパク質の生体内製造工場ともいうべきリボソームの中に含まれるか、リボソームと一緒に働いています。

以前は、RNAはDNAの遺伝情報を伝達し(mRNA)、タンパク質合成の鋳型となるに過ぎない存在とみられてきました。RNAについての研究が進み、多様な機能やその重要性が認識されてきています。

DNAと遺伝子について解説します。
DNA分子は,デオキシリボース(糖),リン酸,塩基からなるヌクレオチドが多数つながってできています。
そして,この塩基配列が遺伝情報としてはたらくわけですが,すべての塩基配列が遺伝情報となるわけではありません。
すなわち,DNAには遺伝情報をもっている部分ともっていない部分が存在し,遺伝情報をもっているDNAの一部(領域)のことを遺伝子といいます。
したがって,DNAは遺伝子(遺伝情報)を保持している物質として「遺伝子の本体」あるいは「遺伝情報の本体」と呼ばれます。

さらに,DNAと染色体の関係についても確認しておきます。
大腸菌などの原核生物では,細胞質基質中に通常1個の環状のDNA分子が細く折りたたまれて局在しています。原核生物の場合は,これを染色体と呼びます。
また,ヒトなどの真核生物では,DNA分子は通常ヒストンと呼ばれるタンパク質に巻きつき,繊維状の構造体で核内に分布しています。分裂期になると,繊維状の構造体が何重にも折りたたまれて凝縮され,太い染色体になります。
このように細胞内でDNAを安定に保持するために生じた構造が染色体です。


この記事へのコメント