アレクサンドラ・トゥルソワ(あれくさんどら・とぅるそわ)とは

アレクサンドラ・ヴャチェスラヴォヴナ・トゥルソワ(ロシア語: Александра Вячеславовна Трусова、ロシア語ラテン翻字: Alexandra Viacheslavovna Trusova、2004年6月23日 - )は、ロシア、リャザン出身のフィギュアスケート選手(女子シングル)。2018年世界ジュニアフィギュアスケート選手権優勝。2017年ジュニアグランプリファイナル優勝。メディアによっては「トルソワ」と表記されることもある。

代表国: ロシア
生年月日: 2004年6月23日(14歳)
出生地: リャザン
身長: 148cm
コーチ: エテリ・トゥトベリーゼ セルゲイ・デュダコフ
元コーチ: オルガ・シェフツォワ
振付師: ダニイル・グレイヘンガウス
所属クラブ: サンボ70 (ロシア)

ISU パーソナルベストスコア
トータルスコア: 225.52 (2018 世界Jr.選手権 )
ショートプログラム: 73.25 (2017 JGPファイナル )
フリースケーティング: 153.49 (2018 世界Jr.選手権)

アクセルを除く5種類の3回転ジャンプと、トウループ・サルコウの2種類の4回転ジャンプを跳ぶことが出来る。コンビネーションジャンプでは、高難度の3回転ルッツ-3回転ループ、3回転フリップ-3回転ループのほか、3回転ルッツ-3回転トウループ、3回転フリップ-3回転トウループ、2回転アクセル-3回転トウループを成功させており、3回転ルッツ-1回転ループ-3回転サルコウ、3回転フリップ-1回転ループ-3回転サルコウの3連続ジャンプも成功させている。セカンドジャンプにループジャンプを跳ぶことが出来るため、コンビネーションジャンプのバリエーションが豊富である。
2018年世界ジュニア選手権のフリースケーティングにおいて、4回転トウループと4回転サルコウを成功。ISU公式大会において、女子で4回転サルコウを成功させたのは、安藤美姫に次いで二人目、

4回転トウループを成功させたのは史上初であり、更に1つのプログラム内で2度の4回転ジャンプを成功させた最初の女子選手となった。 この時のフリースケーティングにおける技術点92.35点は、平昌オリンピック金メダルのアリーナ・ザギトワを上回る得点であり、女子シニアの世界最高得点をも10点近く上回る点数である(2018年世界ジュニア選手権大会当時)。
現在は4回転ルッツを練習しており、2018年8月に行われたロシアのジュニア選手が参加するテストスケートで着氷した。また、このとき4回転トウループ-3回転トウループの連続ジャンプと単独の4回転トウループも決めており、3度の4回転ジャンプを成功させた。

安藤美姫物語ーI believeー MIKI ANDO OFFICIAL COMIC1巻【電子書籍】[ 折原みと ]
バンクーバー五輪フィギュアスケート [ 新書館 ]


この記事へのコメント