リスクオン(りすくおん)リスクオフ(りすくおふ)とは

リスクオン(Risk on)とは、経済の成長や企業の業績 拡大への期待が高まったり、地政学リスク が後退した際に、投資家が値上がり益を狙って株式や新興国通貨 など値動きの大きいリスク資産を買う動きのこと。 金融商品のほとんどはリスクがあり、リスクを多くとっていくにはハイリスクハイリターンを狙うということになってくる。 対義語はリスクオフです。 為替『リスクオン』と『リスクオフ』を解…

続きを読む

NISA非課税枠を無駄なく使い切る方法

すでにご存じの方も多いと思いますが、ニーサでの残金を無駄なく使う方法をお教えします。 通常株の利益には20%もの税金がかかってしまいます。 でも、NISAを使えば譲渡税がかかりません。たとえ10円でも無駄にしてしまうのは真の投資家とは言い難いものがあります。 例えば、NISA投資可能枠が200円しか残ってなくても買える銘柄があるんです。 単元株価格下位ランキングで探すと出…

続きを読む

Russell2000(らっせる2000)とは

ラッセル2000とは、アメリカの小型株指数です。アメリカで資産運用などのコンサルタントをしているラッセルインベストメント社が1984年に開発した指数です。この他にもラッセル3000とラッセル1000があり、ラッセル1000とラッセル2000はラッセル3000を元に作られています。 ラッセル3000とは、ニューヨーク証券取引所、ナスダック、アメリカン証券取引所に上場している5000以上の銘柄の内…

続きを読む

ハワード・マークスの「投資で一番大切な20の教え 賢い投資家になるための隠れた常識」を要点だけまとめてみた

1 二次的思考をめぐらす 「ほかの人と同じことをしたり、同じ予測を立てたりしていてはアウトパフォームできない。他人と違うことをするということは、それ自体が目的なのではなく、一つの思考手段である。」 2 市場の効率性とその限界を理解する 「資産運用の世界でキャリアを積み重ねてきた人にとって大きな転換点となるのは、『市場の効率性という概念には妥当性があるから、どちらかというと非効率性な市場…

続きを読む

億万長者投資家が選ぶ株式投資本ベスト10冊

【億万投資家が選ぶ】本当に役立った!株式投資の本 TOP10 位 デイトレード オリバー・ベレス ◆◆デイトレード マーケットで勝ち続けるための発想術 / オリバー・ベレス/著 グレッグ・カプラ/著 林康史/監訳 藤野隆太/訳 / 日経BP社 位 投資苑 アレキサンダー・エルダー 投資苑3 スタディガイド【電子書籍】[ アレキサンダー・エルダー ] 位 敗者のゲーム チャー…

続きを読む

株取引◆億トレーダーたち22人の手法研究所

株で勝ちたいけれど負けてばかり!の傍ら、おもしろいように何億円も稼ぐ兵どもがいる 一体、どんな取引をしているのだろう? 彼らを知れば、あなたにもきっと必勝法が見つかるかもしれない・・・ BNFとcis カリスマ対談! 株式投資の秘訣 2ちゃんねる市況1掲示板で知り合ったBNFとcis、個人投資家の先駆けともいえる代表的な2人は資産を伸ばし続け100億円を突破した。そんな2人が対談…

続きを読む