閃光弾(せんこうだん)とは

閃光弾(flash bang フラッシュバン)が用いられることもある。これは素早く爆発する特殊な手榴弾で、破片はほとんど飛び散らないが破裂と同時に閃光を発する。手榴弾はおおむね敵対する人員を殺傷する目的で用いられるが、安易な殺傷が許されない状況では閃光弾や音響手榴弾(stun grenade スタングレネード)などが使用される。 エスコート ES SIMULATOR STUN グレネード  B…

続きを読む

56す(ころす)とは

ネット上の書き込みなどで、殺すと書くと殺意がなかろうとあろうと、いたずらであっても犯罪になるので行なってはいけない。具体的には脅迫罪や威力業務妨害、偽計業務妨害、軽犯罪法違反(いたずら)になり刑罰が課される可能性があるからである。 よって、そのような感情を表現する場合には「56す」「56される」「56します」「ぶっ56す!」「56せ」「56そう」などと書く。これがセーフかと言うと、前後の文…

続きを読む

B1B(びーわんびー)とは

B-1は、B-52の後継機として1965年にスタートしたAMSA(次期有人戦略機)計画により、ロックウェル社によって開発され、アメリカ空軍で採用されている可変翼(VG翼)の戦略爆撃機。公式の愛称は「ランサー」(Lancer:槍騎兵の意)だが、実際に本機を運用する人々からは「ボーン(B-One:骨に掛けた洒落)」と呼ばれている。 用途:爆撃機 分類:戦略爆撃機 製造者:ロックウェル・イン…

続きを読む

パリピ(ぱりぴ)とは

パーティーピープル(party people)の略。 パーティー、クラブ、イベントなどを好むノリノリで楽しむ人。友達と遊んでいる時や自分がハイテンションな事。パーティーを流ちょうな英語で発音すると「パーリー」に聞こえます。 よって「パーリーピーポー」になり、それを略して「パリピ」と使う若者が増えたということです。 ちなみにパリピは2015年「ギャル流行語大賞」で1位に輝くほど流行した言葉で…

続きを読む

モーレツ社員(猛烈社員)とは

モーレツ社員とは 猛烈社員 もうれつしゃいん 会社への忠誠心が非常に高く、自らや家庭などを犠牲にしてまでがむしゃらに働くサラリーマンのこと。1950年代~70年代の日本の高度経済成長期に生まれた言葉。残業もいとわず責任感を持って過労死寸前まで仕事をするというモーレツ社員。そのほうが社長からかわいがられる事などを意図としているが、決してそれを外には見せず仕事熱心とか会社愛をアピールするの…

続きを読む

帰巣本能(きそうほんのう)とは

動物の帰巣性のうち、学習や経験によらない生得的な部分についていう言葉。 帰巣性 回帰性ともいう。動物が遠く離れた繁殖地や越冬地あるいは自分の巣に正しく戻ってくる能力。渡り鳥、サケなどの回遊魚、ミツバチやアリなどの社会性昆虫などでとくによく発達している。太陽の位置をコンパスとして体内時計によって方位を知る方法は、多くの動物に共通するが、そのほかに、地磁気、におい、学習による記憶なども利用し…

続きを読む