ベンタブラックs-vis(Vantablack S-VIS)とは

世界でも有数の、権威ある研究所(認定のための実験は英国立物理学研究所や米国立標準技術研究所)
で調べられた数値で、光の反射率が0.035%と認定。

99.965%の遮光が可能で表面におうとつ(デコボコ)があっても、
一切の光を反射しないという結果です。

普通の黒い塗料や布地では
光の吸収率は95~98%なので
カーボンシートやつや消しブラックの黒さ以上。
VANTABLACK-300x156.png
アルミホイルに黒い粉でもまいてあるように見えますが、
光の反射が無いことによる眼の錯覚で
本当に黒い物は人間の眼では立体感を識別できません。


ブラックホールが平面に見えるけれど、
実際は物体があるのに見えないだけということが、
この原理だと説明できるのかもしれません。

1857112p.jpg

ペンタブラックS-VISの製造方法

素材は直径が2~3ナノメートルのカーボン製ナノチューブを利用して、
アルミホイルの上で精製されるそうです。

1ナノメートルは1ミリの100億分の1ですので
50億分の1から33億分の1ほどのものを
利用している。

ベンタブラックの購入や販売は?

ベンタブラックの開発は英政府の技術戦略委員会の助成を受けて行われたものであり
ナノテクノロジーの光学機器への応用における英産業が生み出す大きな技術革新
として特別な意義を持っている。

現在は空撮用カメラや望遠鏡、赤外線感知器といった
光を遮断したい製品や
宇宙開発の産業、果ては軍需産業でも研究開発が進められている。
06.jpg
しかし、国家プロジェクト性ある為や
見えない衝突の危険性などから、
一般人の購入や販売ができるようになるのは、まだ先のようだ。

この記事へのコメント