ボルフィリン(ぼるふぃりん)とは

ハナスゲ
美容分野で実績があるフランスのセダーマ社が、ユリ科のハナスゲの根っこに含まれるサルササポゲニンに肌をやわらかくする働きがあることを突き止めた新原料。
臨床実験からボルフィリンの働きに注目して開発されました。

プエラリア・ミリフィカより優れているために、美容業界では大きな注目を集めています。

塗りこんだ部分の肌に弾力をあたえる。



効果は塗るだけで簡単に得られるので美容液などに使われている。



ラシュシュなど製品化しているものもある。

この記事へのコメント