能年玲奈が事務所とトラブル干されて終わる、「のん」に改名して再出発

広末涼子的なイメージがあるNHK朝ドラあまちゃんのヒロインとして一躍有名となった能年玲奈(のうねん れいな・23歳)が、所属事務所のレプロエンタテインメントとトラブルになっている。

能年は現場マネージャーが挨拶しても目を合わせなかったり、舌打ちをしたり、大声でマネージャーを非難することもあった。数分間も電話口で怒鳴ることもあった。と関係者は語っている。大声を出したあとは電話やメールで「さっきはすいませんでした」と謝るのが常だったそうです。マネージャーはストレスで体調を壊しているという。
進撃の巨人に出演を事務所が勝手に断った件では、「私以外の誰かがやると考えると、気が狂いそう」と事務所に訴え、「出演させてもらうために土下座しに行きたい」とマネージャーにメールを送るほどの女優魂があった能年と事務所には食い違いがあった。
「仕事をさせてもらえないからです。事実、連ドラは入れてもらえていません。もうすぐ私の20歳という歳が干されて終わる」と主張する能年に対し、事務所側は、「能年が話し合いに一切応じなくなり仕事も拒否した」として、今年6月までの約1年半を契約不履行とみなし、未消化分の契約延長を申し入れていたが、今回強行突破されたことで、法的対処も含め検討中だという。能年側は6月末で契約は終了したという認識だが、レプロ側は契約問題について「現在までその解決に至っておりません」と反論している。


以降、突然、独立・引退騒動が起こり姿を見ることがなくなった能年玲奈。今回、芸名を「のん」に改め活動を再開する。能年玲奈のインターネット検索の漢字変換が難しい点からも、改名に至ったのではないかと予想される。

【画像】能年玲奈が今までしてきたコスプレ
ホットロード 【Blu-ray】 [ 能年玲奈 ]
あまちゃん 完全版 DVD-BOX 1 [ 能年玲奈 ]


この記事へのコメント